女性ホルモン減少ほてり

更年期のそれも比較的に早い時期に多いのは」ほてりや発汗動悸早い脈などの血管運動神経障害不安や不眠いらいらなどの精神神経障害ですこれらはエストロゲンの急激な変動減少に伴うものでホルモンの禁断症状になります不安定なエストロゲンの状態にこれではいけないので体があわてふためいている状態です体のほうがその状態に慣れてくるとおさまるものでいわゆる更年期障害の症状といわれるものはほとんがこれにあたります自律神経の乱れやすなわち自律神経失調症が原因なのでほとんどの場合は検査をしてもとくに病的な変化は発見されませんコレラの症状は閉経後1年以内が一番つらいという人が多く閉経の数年前から出る人また閉経後に強く出る人もいて出る時期に個人差があります更年期の症状のもう1つの大きな特徴は症状が一定せずにまた同じ症状でも日により強さが違うことですたとえば頭痛が持続して次は下腹部の張りやひどいダルさを感じてそのうちだるさは消えて耳鳴りが気になるなど不快な症状が次々現れたり重なったり一定していませんそのためにそのつどあちこちの診療で検査をした末ようやく更年期の症状だと気がつく場合もあります